レース記録

加古川マラソン2019【レース編】

レース当日は5:30起床。

起床後は少しゆっくりして、6時に朝食。

朝食はお茶漬け2杯と味噌汁、目玉焼き。

マラソンやトライアスロン当日の朝食では糖質と塩分を意識して摂るようにしています。

加古川マラソンの会場は実家から自転車で15分程の距離なので、朝は比較的ゆっくりできます。

ゼッケンも事前に送付されるので、事前にゼッケンやタイム計測用のタグをつけておけば当日会場ですることはほとんどありませんね。すごく楽です。

上着を脱げばすぐ走り出せる格好で8時に家を出発。

途中会場近くのコンビニで飲み物を購入&トイレ。

8時半には会場入りし、9時20分までに手荷物預け、9時25分までに整列。

9時25分までに整列しないと最後尾からのスタートとなってしまうため注意が必要です。

8時40分頃から10分程トイレの列に並び、その後9時頃からレースに向けた身体の準備。

レース前のアップですが、自分は走ってのアップはほとんどしませんが、股関節や背骨、肩甲骨周りが硬いので軽く動的ストレッチを行います。

下のようなポーズて股関節を支点に円を描くように動かします。右回し、左回し各20回ずつ、3セットくらい。

https://machomen.jp/muscle-271.htmlより引用

次に背骨と肩甲骨の動的ストレッチ。

四股の姿勢で手を膝につき、片方の肩を大きく前に入れます。

軽く反動をつけながら左右交互に20回を1セット。

https://sports.nissin.com/rikujo/advice/running01.htmlより引用

この2つでかかる時間は7分ほど。

ストレッチの前後で足上げや腕振りをしてみるとストレッチ後は軽く動かせるので、レースの前は良く行います。

さて今日のレースプランですが、目標はサブスリー。

加古川マラソンは3時間、4時間、5時間のペースメーカーがいます。

そのため、3時間のペースメーカーに終始つくことができればサブスリーは達成できます。

一旦ペースメーカーのいる集団につけば、あとは自分でペースを考えて走る必要がないので余計なことを考えずに走りに集中できるし、集団を風除けにすることができるため体力の消耗も抑えられます。

色々とメリットが多いですが、自分はペースメーカーの集団につくことはしませんでした。

その理由は、自分のリズムで走りたかったから。

このリズムというのは走るペース以外のトイレや補給、給水なども含めての「リズム」です。

レースではトイレや給水などで集団から少し離れることもあります。

でも集団で走るメリットを活かすには、遅れたら少しペースを上げて追いつく必要がある。

そのため「遅れてはいけない」という意識があるので早く追いつこうという心理が働いて少しの遅れでも焦ってしまうんですね。

これがレース中何度かあるので、その繰り返しをストレスに感じてしまうんです。

マイペースな自分の性格もあると思います。

なので今回のレースではペースメーカーを目安にはしますが、集団に必ずつくことなく自分のペースで走り続けることにしました。

レーススタート〜5km

4:39-4:24-4:27-4:28-4:37

Aブロックの真ん中付近からのスタートです。

スタートラインからは17秒ほど。

スタートしてすぐ感じた異変。

「あれ?身体が動かないな…」

いつものレースと同じように準備をしたんですが、いつものように動かない。

風は北風でスタート〜最初の折り返しまでは向かい風です。

でもタイムをみる限り、風の影響があったとしても遅い。

緊張してたんでしょうか?

4:15/kmペースだときつく感じて、心拍が160bpm付近まで上昇します。

ペースを4:45程度まで落とすと心拍も140台に落ち着き、楽に走れる。

身体が温まるまではこのペースでいこうと決めました。

前半5kmほどは想定ペースより遅れると思いますが、その分後半あげようとレースプランを考えながら走ります。

5km〜15km

4:20-4:18-4:16-4:16-4:19-4:16-4:17-4:15-4:15-4:15

5km過ぎたあたりからペースが安定します。

まだ少し遅いですが、概ねサブスリーペースで走り始めました。

折り返したあとは大堰を渡り対岸へ。

15km〜25km

4:19-4:17-4:18-4:19-4:20-4:21-4:24-4:16-4:14-4:17

この区間もサブスリーペースよりもやや遅め。

でもこのペースであればずっと走っていられそうな感覚。

まだ無理する場面ではないので淡々と走ります。

この頃30km以降でペースアップしようと画策します。。

ハムや殿筋に疲労感を少し感じますがまだまだ足は余裕あり。

呼吸は徐々にキツくなってきた。

25km〜35km

4:21-4:17-4:21-4:18-4:16-4:21-4:17-4:24-4:26-4:14

以前ペースは変わらず。

30km過ぎたあたりからペースアップを試みますが、向かい風のせいかなかなか上がらない。

この一定ペースだといいんですが、少しでもあげると体感的なキツさがだいぶ大きくなる。

34km前後の大堰を渡る区間は4:25/kmオーバー…

この時点でサブスリー赤信号。

35km〜ゴール

4:18-4:11-4:08-4:19-4:31-4:44-4:47-0:52(3:05:52)

35km過ぎたあたりから風が追い風となりペースアップ。

35km〜40kmの区間が今日走った中で5km最速?と思うくらい、自然とペースアップしました。

ですが時すでに遅し。

この時点でサブスリーから4分ほど遅れており万事休す。

最後の3kmは今日学校からの友人が地元ということで応援に来てくれており、しばらく喋りながら併走し、ゴールへ。

初サブスリーはならずでしたが、セカンドベストのタイム。

そして初となるネガティブスプリットでした。

中盤はキツかったけど、後半はどんどん抜いていけたので走っていて気分は良かったです。

また、レース後1週間ほど経ってこのブログを書いていますが、レース後の疲労がいつもより明らかに少なかったですね。

今までのレースでは25km〜30kmあたりからペースダウンすることが多く、5:30/km以上のペースになることもありました。

こうなると35km以降なんかは動かない足を無理やり前に出す感覚。苦行ですよね。

ゴールする前に出し切ってしまうと回復に時間がかかるんでしょう。

本当に出し切ってしまう前にゴールできるよう走りながらマネジメントすることが重要なんだと学びました。

今回のレースはこれで全て終了です。

また来年のレースにむけて取り組んで行く過程をこのブログに書いていく予定なのでまた読んでいただいて感想や意見いただけると嬉しいです。

The following two tabs change content below.
市民トライアスリート。 国内トライアスロン入賞、マラソンサブ3を目指しています。 日々のトレーニング記録やトレーニング方法などについてブログを更新中…
ABOUT ME
tassan
市民トライアスリート。 国内トライアスロン入賞、マラソンサブ3を目指しています。 日々のトレーニング記録やトレーニング方法などについてブログを更新中…